いらっしゃいませ。
今回はスマホを使って高画質&高音質で長時間撮影する方法をご紹介したいと思います。


少し限定的な状況かも知れませんが、
筆者はよくバンド仲間と長時間話すタイプの動画を撮影する事があります。




こういった状況で撮影する場合に
普段から使っている一眼カメラでも良いのですが、




どうしても持ち運びが大変だったり

たまたま話しているタイミングで撮影したいという話になった時に準備出来ていなかったりと

少し準備に手間がかかる事があります。

そんな時に普段から使っているバッグに常に入れておける軽さとサイズで長時間録画が出来るようなセッティングを考えてみました。


スポンサーリンク





1.スマホ


スマホは普段使っているもので大丈夫です。

ほとんど無いと思いますが、撮影時間に制限が無いものが良いでしょう。

また発熱によるオーバーヒートで自動停止してしまわないように
長時間撮影では4KではなくFull HDでの撮影が良いかも知れません。

筆者はコスパ重視でiPhone7を使っていますが特に問題はありません。


ちなみにiPhone7でもしっかりMVが撮れます。↓





動画が綺麗に撮れるスマホはこちらです↓



Xperia 1


Galaxy S10


Pixel 4


iPhone11 Max Pro





2.スマホ用レンズ(必要なら)

あなたが使っているスマホに広角レンズ(または超広角レンズ)がある場合は必要ありませんが、
標準レンズしか搭載していないスマホの場合は狭い場所でもしっかりと画角に収まるようにスマホ用の広角レンズを用意する必要があります。

ですがスマホの機種によってはこういったレンズは対応してない場合もありますので注意が必要です。



以下筆者おすすめのスマホレンズです↓






スポンサーリンク




3.モバイルバッテリー

スマホを充電しながら撮影する場合に必要です。
スマホのバッテリーの状態によっては満足いくまで撮影できずにバッテリー切れになってしまう場合があります。

動画撮影はスマホのバッテリー消費が激しいので、
長時間の撮影の場合には常に充電しながらの撮影をおすすめします。

モバイルバッテリーにも2つタイプがあり、

1.大容量バッテリー(大きくて重い)
2.小型バッテリー(小さくて軽いが容量が少ない)
この2つがあります。

筆者はバッグが重くなりすぎる事を考慮して
小型バッテリーを2つ持ち歩くようにしています。



以下筆者おすすめのモバイルバッテリーです↓


・大容量バッテリー




・小型バッテリー





4.外部マイク

動画の質は画質ではなく音質で決まる」と言われるほど
実は高音質での音声収録は重要です。

スマホのマイクは最低限の音質では録音出来ますが
外部マイクを使うことで更に高音質での音声収録が可能になります。


スマホ用の外部マイクには2種類あり、

・スマホに直接取り付けるマイク

・Bluetoothで無線接続するマイク

こちらを順番にご紹介していきます。




・スマホに直接取り付けるマイク

スマホのUSB端子やオーディオ端子にケーブル接続して使うタイプのマイクです。

基本的には電池は必要ない機種が多く、
値段も安く使いやすいマイクです。

デメリットとしては
マイクの機種によっては感度調整が出来ない場合もあり
その場合大音量で音割れしてしまう可能性がある事と、

iPhone用マイクなどはLightning端子に挿して使う機種が多く
その場合充電しながらの撮影が出来なくなってしまうことです。



以下は筆者おすすめのマイクです。

・iPhone用

ZOOM iQ7

iPhone用のマイクとして圧倒的人気の外部マイクです。
接続するだけで使用でき、高音質なので1つ持っていて決して損はしないマイクです。

ノイズを減らすためもあるのか低域は薄めです


・Android用

Androidでの外部マイクを使っての動画撮影についてはこちらの動画とブログ記事をご参照下さい↓




Androidスマホで外部マイクを利用して動画を撮影できるアプリ「Open Camera」





・三極→四極変換アダプタ





・RODE VideoMicro


大手マイクメーカーRODEのビデオマイクです。
ステレオジャック(Mic in)があるAndroidスマホであればこういった一眼カメラなどに使われるような外部マイクも使えます。

とにかくコンパクトですが音質も良く、
低域が豊富なので迫力のある音で収録出来ます。




・Bluetoothで無線接続するマイク


Bluetoothで接続する事により、
スマホから遠くにマイクを置いて撮影できるようになります。

またUSB端子やLightning端子を使わないので、
iPhoneなどは充電しながらマイクを接続する事が可能になります。


Bluetooth接続ですのでiPhoneもAndroidも関係無く接続できるのもメリットです。


以下は筆者おすすめのマイクです。


・Mikme


Bluetooth接続のマイクはこれ一択と言って良いほど高性能なコンデンサーマイクです。

アコースティックギターの収録もできるほどの高音質と、
本体だけでもレコーダーとして使える幅広い機能を持ちながら
本体のバッテリー駆動でも3.5時間駆動するという事で長時間の収録に最適です。

少し値段は高いですがスマホの収録では最高峰の音質を約束してくれます。




5.三脚


スマホを固定するために必要です。

もちろん安いものでも良いのですが、
それなりにしっかりとした作りで少し重量がある物のほうが
振動でブレたりせずに安定して支えてくれます。

またなるべく角度が自由に変わるものの方が使いやすいでしょう。


以下筆者おすすめの三脚です↓


・Manfrotto


・自撮り棒三脚






スポンサーリンク


・おわりに

いかがでしたでしょうか。

スマホのカメラ性能がどんどん良くなってきていますので
今後スマホをメインカメラにして撮影される方も増えてくるかも知れません。

そんな時に少しでもこの記事がお役に立てれば光栄です。

それではありがとうございました。
またお越し下さいませ。