いらっしゃいませ。
今回はあなたがバンドメンバーを探すときに使うサイト、通称「メン募」の中でもオススメのサイトを
筆者の経験を交えてご紹介したいと思います。


メン募って具体的にどんな感じなの?



わかりやすく言えば2chのようなネット掲示板のようなもので、

その中の検索機能がバンドメンバー探し向けに特化しています。

例えば「ギター募集」だけを検索できたり、
逆に「ドラム加入」の記事を検索できたりもします。

そしてバンドに加入希望の連絡もなどもそのサービスを通じて行うことができるので
いちいち自分の個人情報などを知らない相手に晒さなくても良いのが利点です。




メン募って色んなサイトがあるんだけどどれ使えばいいのかわかんない!



メン募サイトのような
「多くのユーザー同士で作り上げていくサービス」では
どれだけ多くの人が使っているか」がサービスの質を左右することになりますので、

サイトごとに特徴などはあっても
「良いメンバーに出会えるかどうか」といった事の差は少ないと筆者は考えます。


ですので今回は「バンドメンバー募集」でググった結果の上位3サイト(2016年8月27日付け)を公開し、


さらに筆者の経験上、意外と穴場なメンバー募集サイトもありますので
それもお伝えしたいと思います。



スポンサーリンク




・検索1位…OURSOUNDS(アワサウンズ)
oursounds1

https://www.oursounds.net/



現在おそらく日本で1番使われているメンバー募集サイトでしょう。

地域ごと、パートごとの検索はもちろん可能ですし、
募集記事をクリックする時に
いちいち記事のページを読み込まずに記事の概要が表示されるのも人気の要因の1つかと思います。


メン募を利用する時にはとても多くの記事を素早くピックアップしていく作業になりやすいので、
いちいち別ページを読み込む手間が省けるのは
今までありそうで無かったサービスと言えるでしょう。



 





・検索2位…with9(ウィズナイン)
こちらも古くから人気のメンバー募集サイトです。

30代くらいの方は「メン募と言えばwith9」という方も多いのではないでしょうか。


こちらも地域ごと、パートごとに募集記事や加入記事を検索できたり、
さらに「コミュニティ」機能により、メン募だけでなく共通の音楽を好きなもの同士で集まることができます。(まるでmixiみたいに)


さらに「音楽ニュース」という項目では
最新の音楽情報や役立ち情報をニュースサイトと提携していたりなど、

with9というサイト自体でも音楽に関わる様々なことが楽しめるようになっています。




スポンサーリンク 



・検索3位…メンボ
英語対応のメンバー募集サイトです。

日本語の記事も英語に翻訳してくれます。


記事の数も多く、投稿している人は多いです。
パートごとの検索は出来ませんが、地域ごとの検索は可能です。





意外と穴場なメンバー募集サイト



そして筆者が今まで使用してきて
検索上位にはほとんどなりませんが、
意外に見てる人がいる、反応があるサイトをご紹介したいと思います。


・mixi


http://mixi.jp/view_community.pl?id=46043

意外に多いのがmixiのメンバー募集コミュニティです。

筆者もサポートのバンドはほとんどmixiで見つけたと言っても過言ではありません。

元々超大手のSNSサービスだっただけに、
今でもmixiだけを使っている所謂「mixi民」と言われる人達は現在になっても少なくはないようです。



・Audioleaf

昔はバンドマンの無料音楽視聴サービスmyspaceと人気を二分したaudioleafにも、
実はメンバー募集掲示板があります。

募集記事自体は多くはないのですが、
「サポートします」などの記事を載せると反応が良かった事がありました。

今でもaudioleaf自体を利用しているバンドも多いので、そういったバンドマンの目に止まる機会が多いのかも知れません。



あとなんか言っときたいことある?



ないです。



スポンサーリンク 

おわりに



いかがでしたでしょうか。


こういった掲示板系のサイトは「人が集まってる場所が正義」という傾向がありますので、

やはり検索上位のサイトを片っ端から当たってみるのが、
良い出会いを掴む一番の方法かも知れません。


ですが人が集まる場所には悪意も集まりやすく、
中には出会い目的や詐欺目的で近づいてくる人間もいますので、
そういう地雷に引っかからないための方法も別の機会にご紹介させていただきたいと思います。


さらに具体的にどういう募集記事や加入記事を書けばいいのか?
といったことも、またの機会に書いてみたいと思います。


書きました↓
あなたが危険なバンドメンバー募集記事を見分ける方法[初心者向け、バンドマン]




ではありがとうございました。
またお越しくださいませ。